ライフステージとドッグフード


人間が、赤ちゃんの頃の母乳、離乳食、大人と同じ完全食、高齢者の刻み食などと、成長とともに必要となる栄養分や量、形態が変化していくのと同じように、犬もライフステージに合ったドッグフードを与えることが大切なポイントのひとつとなります。なかでも離乳期から1歳頃までの間の栄養摂取はとても大切なものとなるため、偏りがあると骨格や関節などの成長に大きな問題が生じる原因となってしまいます。また、成犬となったあとでも犬種により、サイズや内臓の働きなどにさまざまな差が生じるため、ライフステージとともにサイズに合ったドッグフードを選ぶことにも留意しましょう。

犬は肉食動物であり、動物性たんぱく質が豊富に含まれたドッグフードを選ぶことにも気を付けたいものです。それと同時に、植物性の食べ物の消化は得意ではなく、お腹を壊してしまうこともあるので注意することが必要となります。なかでも、植物性たんぱく質に含まれているグルテンは消化することができずに体調を崩してしまう犬がたくさんいます。ドッグフードのCANAGANのように穀物が使用されていないものを選ぶのも犬の体調管理には必要なポイントになります。

カナガンでは、“穀物完全不使用”のレシピを採用しており、使用するすべての原材料は、愛犬が栄養を摂取できるものだけを厳選しています。

また、大型犬や小型犬、それぞれの犬種に応じたドッグフードも販売されているので添加物の有無や栄養成分などをチェックして食べさせるようにしましょう。


ドッグフードは総合栄養食を選ぶ


犬専用の食べ物として開発、研究されたドッグフードは、さまざまな種類があり、食感や栄養素などに工夫が凝らされています。現在では、ドッグフードの成分などの規制も厳しくなったことから、犬の健康を害するようなものは販売されていませんが、なかには激安で粗悪なものもあるので、ドッグフードを選ぶポイントに沿ってチェックすることが必要となります。まず、ドッグフードを選ぶ際に、最低限チェックしたいポイントについて考えてみましょう。犬の主食としてドッグフードを選ぶ際には、総合栄養食であるかどうかをみる必要があります。

ドッグフードには、総合栄養食のほか、間食やそのほかの目的食などの種類があります。総合栄養食は、それだけで犬に必要となる栄養が満たされているものであり、主食として安心して食べさせることができるものです。総合栄養食の表示があるものを選ぶのがポイントです。また、この表示をすることなどを許可しているペットフード公正取り引き協議会の基準をクリアしているかどうかもドッグフードを見極めるポイントとなります。総合栄養食の表示をするためには、ドッグフードを栄養学的に分析して、必要とされる栄養素がきちんと含まれているかどうかを確認する必要があります。人間の臨床試験と同様に、一定期間、犬に実際に与えて健康被害がないことを確認したうえで表示を許可しているので、安全、安心に与えることができます。


犬にはドッグフードが一番


今や空前のペットブーム、なかでも犬を飼う人がとても多く、愛玩動物というよりも家族の一員としてたっぷりの愛情を注ぎながら生活を共にしています。家族同様の扱いとなるため、食事も人間と同じものを食べる機会も多くなります。人がおいしいと感じるもの、栄養価が高いと考えられるものを中心に犬に与えることになり、よかれと思った行為が実は、犬にとってリスクを伴うものとなってしまうこともあり、注意が必要です。犬に与えない方がいい食べ物のなかでも、中毒症状などを引き起こし命に関わる高い危険性のあるものも複数あります。

人間と同様に犬の血液の成分である赤血球を破壊して貧血をはじめとするさまざまな症状を引き起こすものに、長ネギや玉ネギ、ニンニクやニラなどがあげられます。食欲や元気がなくなるだけでなく、血尿や嘔吐、下痢や黄疸などの症状が出て、なかには死に至るケースもあります。肉じゃがやカレーなどは、玉ネギが入っていることがはっきりしていますが、ハンバーグや餃子のように細かく刻まれて混ぜられた食べ物については、意識を高く持たないと誤って与えてしまうことがあるので注意が必要です。

このほかにも、中毒症状までには至らないものの、健康を害するさまざまな食べ物があり、基本的に人間と同じ食事を与えることには、問題が多いと言えます。犬の健康を考えるのであれば、やはり、栄養成分などを考えてつくられた専用のドッグフードを与えるのが最適なのではないでしょうか。